ウィッグ完成したけども… 2022年1月30日 現状報告

samune_IMG_20211128_182002ウィッグ

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年入って変わったことといえば…
通院することをやめました!
理由はDPCP治療の効果が感じられなかったからです。
今現在の頭部は、また剃ったとかではなく全く生える気配のないスキンヘッドです笑
内服薬飲んだりステロイドパルス打ったりDPCI塗ったりしてきてこんな感じなら、
もう通院する意味ないかなと思いまして。
頭部へのステロイド注射は意識飛んじゃうし…。

もうほぼほぼ諦めの境地です笑

ウィッグを発注した話

2021年12月の頭にウィッグを注文しました。
セミオーダータイプのフルウィッグで、店舗を設けておらずネット注文のみのメーカーでして、
その代わりに他のメーカーより安い値段で商品を提供しているような会社らしいです。
オーダーメイドのフルウィッグを検索したら10数万円とかザラに出てきますからね…。
それに店舗に足を運ばずに注文できるのはありがたいと思い、そこで注文しました。
それでもなかなか高額ですけどねー

ウィッグ1つに7万円弱しましたからね。

型作成

moza_IMG_20211128_173425

もちろん人によって頭の形が違うので型を作成しなければなりません。
作成方法は、
①頭にサランラップをびっしり巻く
②巻いたサランラップの上からセロハンテープを貼り、形が崩れないようにする
③そのセロハンテープの上から油性マジックで生え際をなぞる
といった流れです。

まずね、頭にサランラップ巻いてる時点で半泣きですよ笑
なにが悲しくて頭にサランラップ巻かんとあかんねんと。
人生で頭にサランラップ巻く機会がありますか?と。
ほんで親呼んで頭にセロハンテープ貼ってもろて、マジックで線書いてもらって…。
もう地獄。
想像してみてくださいその現場。
サランラップ巻いた息子の頭をマジックでなぞる光景。
しかも生え際わからんほど毛根がなくてなぞるのめっちゃ苦労したし。

作業終わった後、ほんまに泣きました。

それで出来上がった型がこれです。

完成品届いたけど…。

2020年1月下旬。
ついに完成品が到着しました。

IMG_20220128_144052

はいスカスカ。

あんだけギチギチにサランラップ巻いたのに完成品スカスカ。
約2ヶ月待って出来上がったのがスカスカ。

前頭部、頭頂部あたりのフィット感は良いのですが、
耳裏から襟足にかけてスカスカですわ。
指が縦に2本入りますやん。
部分的に両面テープ貼ったりすることもあるらしいですが、
そういう補強で補えるレベルじゃないのは一目瞭然です。

これ最初に被ったとき、怒りを通り越して全身の力が抜けましたね。
あ~なんかもう終わったな。みたいな。

その後メーカーに電話していろいろ話しましたが、
補修とかでサイズを調整するのはできないとのこと。
じゃあもう終わりですやん。
けどとりあえず確認したいとのことで一回返送しました。
今後どうなるのでしょうか。

おわりに

正直、もう人生このままでいいかなとか思ったりしてます。
ネガティブな意味じゃなくて、希望持ったらこういう感じのとき疲れますもんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました